<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.07.07 Tuesday

テレビジョン

0

    ようやくテレビジョンに流星君の殺陣を教えた記事が載りました。

    2月の終わりに撮影して、長かった。お蔵入りなのかと思いました。

    最初Kadokawaからメールが来て、目黒教室を取材したい。俳優を一人体験出来ないかと。

    意味がよく分からない。電話番号があったので、すぐ電話。聞くと個人レッスンがいいと。

    だったら戸塚になると言ったら、それは困ると。わかりました。そうしたら場所はどうしますか?と聞くとも言う一度考えますと。

    そこですぐに目黒の施設の空き状況を調べ用意出来ると伝えました。そんなやりとりをしつつ撮影は10日後。

    結局、高輪の八芳園の庭でやるから現場を見て、打ち合わせしたいと。

    そしたらその俳優さんが流星君だと。おー、それはそれは。

    打ち合わせで担当者は、殺陣が何かわかっていなく、どんな練習があるんですか?から始まり、何かすごい技とかありますか?などの無茶振り。

    僕は決してNOと言わないので、色々提案。そしたら話がスムーズに進み、衣装も僕の提案で道着にしました。やっぱり白の道着が一番いい。

    当日、衣装さんが柔道着を用意したので、却下し、僕の道着を貸す事に。

    流星君も喜んでくれて良かったです。

    彼の何が凄いって、鍔迫り合いしてて、こっちが殺気を出すとだいたい目が泳ぐんですが、鋭い眼で見返してくる。本物だと思いました。

    なかなかあの眼は出来ないんです。僕も今まで何十、何百人と鍔迫り合いしましたが、多分一番鋭かったと思います。

    決して仕事としてやっている訳ではなく、本当に吸収したいと言う気持ちが凄い伝わってきて、こちらも気持ちよく出来ました。

    最初のメールでは断ろうかと思いましたが、やって良かった。こう言うのは縁ですし、いつ来るかも分からない。でもまずは発信していかないと誰も見てくれないし、その為の準備を万全にしておく。

    来てから準備していてはダメ。時間なんてそんなに無い。いつか来るは一生来ない。

     

    米山勇樹


    15:10 | - | comments(0) | - | - |

    ▲top