<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ふるさと祭り | TOP | 令和二年 一の月 二十三の日 >>

2020.01.21 Tuesday

映画のある生活

0

    最近、月に一本は映画を観るという回を友人と設定しています。

    映画館で映画観るっていいですね。なんだか特別な感じがします。

    あの数時間がだけは皆で一つのものに集中する。


    色んな映画があります。

    エンタメ業界の端っこくらいにでもいる存在の自分なので、観るときはやはり単純に面白い、つまらないだけでなく、自分なら、どう演じる?自分なら、このシーンは入れる?入れない?とか色々考えてしまいます。

    それはそれで、面白いのですが、何も知らない自分で観たいなぁと思う事もたまにあります。

    演劇だと特にそうですが、技法とか殺陣に関しても知らない方が楽しめたのかな??って思うことたまにあります。あれが上手いとか、下手とか一切考えない状態です。


    エンタメは観る側の状況にも左右されます。年齢や今置かれてる状況からの心身の状態など。

    だから、それを観る側も選べたら面白いのになぁと空想したりします。


    大人として観るワンピースも面白いが、今日は自分を12歳に設定してワクワクドキドキがとまらない状態で見るぞ!!なーんて、選べたらエンタメも変化してくるかもしれませんね。


    提供する側もR15みたいに、12歳の心に設定して御鑑賞くださいみたいな注意書きとか出てきたりしたら面白いですね。


    コメント

    コメントする









    ▲top