<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 水火を辞せず | TOP | あと2日! >>

2017.11.09 Thursday

ヅラじゃない、字面だ!

0

    村尾です。

    自分や偉伝或を紹介するための諸々を考えているとですね、「殺陣」って言葉、もっと何とかならないのかとよく思います。


    字面がね、こわいんです。


    「殺」っていう文字ががっつり入っているからね。
    (この字でなぜ"たて"って読むようになったのかは検索するとわりと簡単にわかるので興味があれば)
    こっちがどんなにライトな物腰で、
    「さあ!体験してみよう!殺陣!」
    って書いても、なんか内容に反して字面が物騒じゃないですか。
    「但し…生半可で済むと思うでないぞ…」って暗に念を押されているような圧迫感を感じます。
    「ようし!じゃあ始めちゃお♪」ってなる人は元々アンテナが「殺」に対してゆるい人だと思います。いや、ありがとうございます。


    とはいえ、「チャンバラ」って言葉もあんまり好きじゃない。
    なんか響きが安っぽくありませんか?
    なんたって頭が「チャン」ですから。
    「チャン」が頭にあってかっこいい響きになんて絶対なりませんよ。ちゃんぽん、ちゃんちゃん焼き、チャンジャ。ほらね?なんかかわいい。(チャンピオンも意味が反するだけでかっこいい響きじゃないと思います)

    でも後ろは「バラ」。

    「バラ」が後ろに付いてかわいい言葉なんてありませんよ。バラバラ、豚バラ、蛇腹。ほらね?なんか怖い。頭のチャンのかわいさを打ち消して余りある剣呑な感じ。

    その組み合わせ「チャンバラ」。なんか食いつきやすいとは思えません。


    あとは偉伝或の冠につけている「ソードパフォーマンス」
    これは響きや字面は悪くない。日本人はカタカナが大好き。とりあえずカタカナにしておけばなんかかっこよく感じちゃうんです。
    ただし、残念ながらこれはいまいちピンとこない。
    「ソードパフォーマンスをやってます!」
    って言ってもね。なんだかいまいちわからないんです。
    「ん?なんだって?」
    って聞き返されちゃう。


    ほかには「アクション」「擬斗(技斗)」「サムライパフォーマンス」などの言い方もありますが、
    もっとこう、取っつきやすくてかっこいい響きと字面の言葉はないのかと。最近の悩みです。


    そんな偉伝或。今週日曜日はデザフェスです。ショースペースで「殺陣」パフォーマンスをお届けします。笑
    字面は物騒ですが、いや、ぶっちゃけ内容も物騒なんですが、ぜひ見に来てください。きっと度肝を抜きます。


    Design Festa Vol.46
    【日時】11/12(日)13:30〜
    【場所】東京ビッグサイト 会場内ショースペース
    【料金】入場料 前売800円/当日1000円
    (チケット情報 http://designfesta.com/about-ticket/)

    デザインフェスタの詳細はこちら
    http://designfesta.com/

     

     

     

    村尾


    コメント

    コメントする









    ▲top