<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.01.19 Sunday

月の入り

0

    「Moon Crusher」終わりました。

    これで「かぐや姫戦記」の世界観も一区切り。月の彼らとも一旦お別れです。たぶん。

     

    イデアルの演目は、ストーリーものであっても台詞が最小限です。

    それは、音として発する台詞は、ステージ上でどうしても存在感が大きい。その台詞が多いと、観てる側ははどうしてもその意味や繋がりを追う作業にとらわれてしまって、”殺陣パフォーマンスチーム”のメインたる殺陣パートへの集中を削ぎかねない。そういう理由があって、台詞は重要なところにしか入っていません。(「Moon Crusher」は特別ですが。笑)

     

    ところで、最近台詞ありのお芝居をする機会があると、台詞無しの培った感覚がそのまま生きていることを感じます。

    偉そうなことは言えませんが、台詞そのものももちろん、台詞を発する前後の挙動、空気感の作り方には役立ってると感じます。

     

    殺陣も戦っていない時間に何を込めるのかが大事。戦うまで、戦った後、そこで見せる一挙動で自分と相手、自分と世界との関係性が見えてくる。もっとそれを研ぎ澄ませていきたいと思います。

     

     

    村尾


    ▲top